読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北東アジアを考えよう!

北東アジア(日中韓台朝)をメインに、ユーラシアを包括的に捉えよう。 

中露関係を整理整頓する(前編)

中露関係を整理整頓する

 

 東シナ海での行動を始めAIIBなど、ここ数年の中国とロシアの関係はとても蜜月に見えます。確かに両国は、反米と反介入主義という一致した行動指針を持ち、日本とも領土問題を抱えています。しかし、両国の戦後の歩みなどを見てみると、蜜月とは言いづらい側面も見えてきます。そこで中露関係について主にデイビッド・シャンボー著『中国 グローバル化の深層  「未完の大国」が世界を変える』から引用しながら、見ていきたいと思います。

 

 

中露関係の概略

中国とロシアの関係を大まかに分けると以下のようになります。

 

友 好と同盟の1950年代

相互不信、 不和、 イ デオロギー対立の50年代末から60年代半ばまで

「敵国」 同士として全面的に対立した60年代 末から70年代

国家間・共産党間の関係正 常化を模索した80年代、

双方が、 善隣・友 好関係をうち立てようとした90年代

 

それでは、ここで1990年代の出来事から見てみましょう。この時期にソ連が崩壊します。それらの混乱で1991~92年の中露関係はしばらく空白で不透明でした。しかし、事態が落ち着き92年の12月にエリツィンを公式に北京へ招聘しました。93年には中露軍事協力協定94年の「建設的パートナーシップ」合意、この年には同時に相互不可侵の合意が結ばれ、お互いに相手を核攻撃の標的にしないことと相手への核兵器先制不使用にも合意できました。同年、江沢民がモスクワを訪問し、それを機に両国の首脳や大統領による首脳会談が毎年行われるようになりました。90年代はこうした交流を通じて様々な二国間協定を結んでいきました。1996年には中国初の「包括的戦略的パートナーシップ」も結ばれ、中央アジアに関する「安定地帯」確立にも合意し、これがやがて「上海ファイブ」「上海協力機構」へと発展します。そして2001年、これらの歩みの到達点として中ロ善隣友好協力条約が締結されたのです。

 これは同盟条約ではありませんが、同盟条約に準じる特徴があります。

 

第八条には「この条約の締結国は他の締結国の主権、安全保障、領土の一体性を損なうような、一切の同盟関係やブロックや行動に参加せず、そのような第三国との同盟関係にも参加しない」と明示し、

 

第九条、「締結国の一つが、平和が脅かされ損なわれている、あるいは自国の安全保障上の利益が関係している、あるいは侵略の脅威に直面しているという事態が発生した場合、本条約の締結国はそのような脅威を取り除くため直ちに連絡を取り合い協議すること」を約束しています。

 

 長年の懸案であった国境問題についても、2005年6月と2008年7月に交渉を重ねたのち4300キロに及ぶ国境を正式に確定します。2009年には上海万博を訪れたドミトリー・メドベージェフ大統領が中ロ関係について「史上最高の状態に達した」と称えました。

 

 

経済と軍事の歩み

 

  両国の貿易関係は、1990年代の大半を通じてわずか50億ドルでしかありませんでしたが、2011年には835億ドルになるまで成長しました。同じ年に中国は、ロシアの最大貿易相手国としてドイツを抜いて1位になりました。2012年6月ウラジーミル・プーチン大統領が中国を公式訪問した際、両国は2015年までに二国間貿易の目標額を※1000億ドルに設定、2020年までには2000億ドルにすることで合意します。

 

以下の記事では2015年の中露貿易の総額は642億ドルと報じられています。

 

finance.sina.com.cn

 

 

 

 

また、中国東北地域とロシア極東地域の連携強化に注力もしました。2010年には205項目に及ぶ「大規模協力計画」のマスタープランが策定。エネルギー協力も順調に進んでいます。2009年2月にまとまった「ローン・フォー・オイル」取引の一部で、ロシアは2011年から2030年にかけて中国に石油3億トンを提供する代わりに中国から250億ドルの融資を受ける事にもなりました。

 軍事上の繋がりや防衛協力も中露関係の主要な要素であり続けました。64天安門事件をきっかけに、欧米諸国から武器や防衛技術を得られなくなったとき、中国を助けたのはロシアでした。ロシアもロシア側で自国の兵器産業を生き延びを目的に市場を探していました。1990年代から2000年代にかけてロシア政府は一貫して、中国に様々な最新兵器や軍事技術を提供し続けました。ロシアの対中武器供給が最も盛んだった時期に、中国への売り上げは世界全体への売り上げの40%に相当し、毎年約30億ドル、1991年から2005年には総計160億ドルに達しました。

 

 

中国の対ロシア感情

 中国とロシアは反米主義と反介入主義でブロックを組み、地域的および世界的問題について意見を多々共有しています。しかし、両国はただアメリカへの対抗心から結ばれているわけではないようです。国家主権こそ外交の最重要な基本原則だとしている点、ユーラシア大陸の巨大大陸国家の統治理論や共有している歴史観、哲学や文明的な所にも根差しています。

 しかし、中露双方は完全に信用しきっているというわけでもないです。

 

人民大学の宋新寧教授

「中国にとってロシアは対応せざるを得ない隣国だ。国際社会で頼れるパートナーではない」と言います。

 

中国現代国際関係研究所のロシア研究者、冯玉军は、

「ロシアは中国外交の四つの次元すべてにおいて、中国にとって最重要な国だ。中国外交の四つの次元とは、周辺国に対する外交、大国に対するもの、途上国に対するもの、多国間に対するものを意味する。ロシアの国力は衰退しつつあるが、私たちは今でもロシアのことを、国際影響力のある大国と考えているし、中国とロシアには多くの共通点がある」と指摘します。

 

中国外交部で長年、対ロ関係を専門にしてきた師哲も同様に前向きだ。

「1990年代以降、両国の関係は前より実務的、事務的なものに変化している。中露両国とも互いの独立は維持すべきと考えているが、国際的には協調すべきだと考えている。合意と信頼にもとづく関係を享受している」と述べました。

 

 

 中国の一般民衆のロシアに対する感情は概ね良好です。ある世代にとって、やはりロシアやソ連は憧れの存在です。中国の近現代史を描くドラマでは、ソ連からやってきた技師との恋愛模様が描かれるモノがあったりします。実をいうと文化大革命で走資派として失脚した劉少奇の孫もロシア人と中国人のハーフです。また、中国国内には少数民族の一つとしてロシア族が存在します。ある調査では7割以上の人民がロシアを支持し、プーチン大統領に対しても良い感情を持っているようです。

news.163.com

 

青が良好な感情で、プーチン人気も高いです。

f:id:syuturumu:20160715005923p:plain

 

 

 

 

 確かに、ロシア人への差別用語として「老毛子」というモノも存在します。清の末期に中国辺境へ侵入してきたロシア人の様子が毛むくじゃらで、野蛮な様子から名づけられました。ただ、現在ではあまり使われないようです。

 

中国人民のロシアに対する感情は概ね良好で、大きな問題は無いと評価できます。

 

 

 

今回はここまでにしましょう。次回の記事では

ロシア側からの視点と昨今のウクライナ情勢やロシア国内の事情からも検討したいと思います。

 

 

引用文献

デイビット・シャンボー著『中国 グローバル化の深層 「未完の大国」が世界を変える』P111~120

www.kinokuniya.co.jp

 

 

島村智子著『上海協力機構(SCO) 創設の経緯と課題』

 

http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/refer/200612_671/067104.pdf

 

 

参考記事

jp.wsj.com

 

 

 

資料映像

 

 

www.youtube.com

中国のロシア族の春節に密着したドキュメンタリーです。

 

 

 

www.youtube.com

中国とロシアに分かれた親戚を探すという企画です。

 

 

 

 

www.youtube.com

劉少奇のロシア国籍の孫の生涯に迫ったドキュメンタリーです。