読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北東アジアを考えよう!

北東アジア(日中韓台朝)をメインに、ユーラシアを包括的に捉えよう。 

外国人とコミュニケーションするコツ

外国籍児童の指導や外国人の生活支援をするような方は参考にしてみて下さい。

 

 

むろん、その外国の言葉が出来れば問題ないですが

皆が皆そういうわけにもいかないので、「外国人にとって分かりやすい日本語」を話すように心かけましょう。

 

①短い文章で話しましょう。
日本語の「~て、~て」ででつなげる話し方は止めて下さい。

 

②簡単に言い換えましょう。
例 防寒具→「寒いのを防ぐもの」 選挙→「皆で偉い人を選びます」

 

③相手の母語の語順を意識しましょう
後置修飾型の言語を母語にしている人は、日本の前から修飾する言葉に慣れていません

 

④大きな声でゆっくりハッキリと話しましょう
外国人とのコミュニケーションに限りません、自閉症児や知的障害者とのコミュニケーションにも困りません。

 

⑤翻訳アプリを活用しましょう
単語レベルだったら充分対応応できます。相手がスマートフォンをいじっていても怒らないでください。