読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北東アジアを考えよう!

北東アジア(日中韓台朝)をメインに、ユーラシアを包括的に捉えよう。 

今更、他人に聞けない「台湾」って何??

本稿に入る前に、断っておくべき事があります。

本稿で出てくる「シナ」には差別的なニュアンスはありません。あくまで現行の中華人民共和国の主権が及ぶ範囲の「地名」として使います。

 

本稿の「台湾」は「中華民国台湾」の主権範囲の「地名」です。

 

”中国”はあくまで1911年以降の領域国民国家として「シナ大陸」で始まった近代国家です

 

シナ大陸の「中華民国」と「中華人民共和国」はおなじ中国ですが、後者を中国国内の慣習に従い「新中国」とします。

 

「中華圏」を、主に漢字を使い「シナ大陸発祥の文明」を共有している範囲の事であり、 「中華人民共和国」・「中華民国台湾」・「中華人民共和国特別行政区香港」・「中華人民共和国特別行政区澳門」を包括する概念とします。

 

 

はじめに

 

 民進党議員の蓮舫さんに二重国籍疑惑がある事が報じられました。

news.yahoo.co.jp

 

この問題ですが、明らかに「新中国」と「中華民国台湾」と「日本国」をめぐる歴史と国際関係が関わっています。そこで、本稿では今更聞けない、新中国と中華民国台湾に関する問題について、僕なりに説明します。

 

全ての始まりは「台湾の植民地化」

 

 事の始まりは、清朝の統治範囲だった台湾が1895年の下関条約で日本に割譲され、大日本帝国の主権領域に組み込まれた事から始まります。台湾が日本の主権領域になったことで、そこに住んでいた人々は日本国民になり、日本国民としての自我意識を備えるような教育が施されます皇民化政策という言葉で説明されますね。そうして、台湾は日本の敗戦の1945年まで日本の一地域でした。

 

f:id:syuturumu:20160911233303j:plain  スミソニアン航空博物館に展示されていたポスター

 

 

 一方、その間にシナで起きていた事を確認しましょう。シナ大陸を支配していた清朝ですが、アヘン戦争をきっかけに香港を割譲され、西欧列強に分割植民地支配されます。そんな状況を変えようと、中国国民党(1894年にシナで結党、1919年に現在の国民党となる)や中国共産党1921年)が結党されます。そんな中、孫文が立ち上がり、国民党を主に率いて革命を成功させます。1911年に革命が起こり、清朝が倒れ、中華民国が1912年に建国され、シナ大陸に中国が生まれます

 しかし、その国家運営は安定せず、各地に軍閥が割拠し、さらには西欧列強や日本と闘わなければなりませんでした。なので、国民党と共産党は一致団結して、第二次世界大戦を戦い抜き1945年に終戦を迎えます。

 

ここまではまだ、台湾は日本の領土です。問題はココから終戦直後からこじれ始めます。

 

 

終わらない戦争ー”チュウゴク”の分裂ー

 

 1945年に一応は戦争が終わりました。そして、戦争の終結に伴い、領土を戦前の状態に戻す作業が始まります。サンフランシスコ平和条約日華平和条約で、台湾は日本のモノではなくなり、中国に返されます。現時点の中国はまだ「中華民国」です。

 しかし、中国では、国民党と共産党の内戦が終戦直後から始まります。そして1949年中華人民共和国が建国され、新中国になります。そして内戦に負けた国民党は、台湾に逃げ、中華民国を台湾で続ける事になります。これが、今にまで続く

 

中華人民共和国中華民国台湾の対立の基本中の基本です。

 

終戦後、世界は冷戦構造になっていきます。

 

社会主義国は基本的に自由主義国を国として認めず

自由主義国家も社会主義国国として認めませんでした。

 

 

こうした情勢の中で、新中国と中華民国台湾はお互いを以下のように批判し合います。

 

 

中華人民共和国は国ではく共産主義のゴロツキが支配する集団の名前である。

中華民国台湾こそが正統な中国である。

 

台湾は国民党に不当に占拠されている、中華民国台湾は西側諸国が支援している武装集団で、中国を分裂させようとしている

 

 

 

 日本は自由主義陣営の国なので、中華民国台湾を正統な中国として扱い、新中国を国家として扱っていませんでした。しかし、冷戦の終結で、中華人民共和国が国家承認され日本と国交を結ぶ事になり、中華民国台湾は国家として扱われなくなりました。外務省の公式HPでも、中華民国台湾は”地域”のカテゴリーになっています。

 

 

今回は主に、日中台の外交関係や歴史に焦点を当てました。更に台湾をめぐる問題は、台湾内部のアイデンティティの多様性にもよります。それがまた事態を複雑化させています。

 

台湾を理解する書籍は以下のようなものがあります。参考にしてみてください。

 

 

 

 

台湾を知るための60章 (エリア・スタディーズ147)

台湾を知るための60章 (エリア・スタディーズ147)

 

 

 

 

台湾とは何か (ちくま新書)

台湾とは何か (ちくま新書)

 

 

 

流

 

 

 

 

 

 

 

新・新東洋事情 (文春文庫)

新・新東洋事情 (文春文庫)

 

 

この本の中には元台湾総統李登輝氏のインタビューが収録されており、インタビュアーと李登輝氏が双方とも台湾を中国と呼称している。